WMTの「Fetch as Google ツール」で、大量なURLをインデックスに送信するとスパム扱いになるか?


WMTの「Fetch as Google ツール」で、URLをインデックスに大量送信するとスパム扱いになるかについて解説します。

 

Fetch as Google ツール

Googleウェブマスターツールを登録することで、使用できる診断ツールの1つです。

 

Fetch as Google ツールを使うには、まずウェブマスターツール(https://www.google.com/webmasters/tools/?hl=ja)にアクセスします。

 

ログイン

 

アクセスすると、ウェブマスターツールにログインするための画面が表示されます。こちらで、Googleアカウントで既に登録されているメールアドレスと、パスワードを入力します。

 

入力後、入力したメールアドレスと、パスワードが間違っていないか確認し、青色の「ログイン」ボタンをクリックします。

 

管理画面

 

クリックすると、ウェブマスターツールの管理画面に移動します。

 

選択する

 

この管理画面で、Fetch as Google ツールを使用したいウェブサイトを選択します。

 

ダッシュボード

 

 

サイトを選択すると、左側に「サイトのダッシュボード」が表示されます。こちらから「クロール」をクリックします。

 

サイトのダッシュボード

 

 

クリックすると、プルダウンメニューが表示されます。この項目の中から、「Fetch as Google」をクリックします。

 

Fetch as Google

 

クリックすると、Fetch as Google ツールへ移動します。

 

インデックスに送信

 

Fetch as Googleで、ウェブマスターツールに登録しているウェブサイトのURLをインデックスに送信します。

 

インデックスの送信

 

Fetch as Googleで、既に登録されているウェブサイトのURLで、取得したURLを入力します。

 

その後、取得したURLに間違いがないのかを確認し、赤色の「取得」ボタンをクリックします。

 

インデックスに送信

 

クリックすると、中央画面に、取得したURLが表示されます。右側には、「インデックスに送信」ボタンがあります。

 

Googleのインデックスに送信したい場合は、この「インデックスに送信」ボタンをクリックします。

 

送信方法の選択

 

 

クリックすると、「送信方法の選択」というポップアップが表示されます。

 

Google によるインデックス登録の対象として次の URL を送信します:

http://www.example.com

[送信] をクリックして数分すると、再クロールが実行されます。そのとき、あなたのページのコンテンツが Google によるインデックス登録の対象になります。Google の品質に関するガイドラインに準拠し、noindex ディレクティブを使用していないページは、インデックス登録の対象になります。

 

このように表示され、送信方法が、

 

この URL のみをクロールする

このURLのみをクロールするを選択した場合、

 

例:

インデックス登録の対象

 

 

インデックス登録の対象としたURLのみしか、送信されません。

※月間で500件までしか送信できません。

 

この URL と直接リンクをクロールする

このURLと直接リンクをクロールするを選択した場合、

 

例:

この URL と直接リンクをクロールする

 

 

インデックス登録の対象としたURL以外に、インデックス登録の対象としたURLと直接リンクされているURLも対象に含まれます。ただし、noindexの場合は、インデックスの対象となりません。

※月間で10件までしか送信できません。

 

この2つの送信方法があり、いずれかを選択し、

 

送信ボタン

 

青色の送信ボタンをクリックします。

 

インデックスに送信された URL

クリックすると、先ほど「インデックスに送信」ボタンの存在した箇所に、「インデックスに送信されたURL」という表示が現れます。

 

送信ボタンをクリックした時点で、GoogleのインデックスにURLが送信されます。

 

大量なURLをインデックスに送信するとスパム扱いか?

インデックスに送信された URL

 

Fetch as Googleツールで、大量なURLをインデックスに送信するとスパム扱いになるかについてですが、Fetch as Googleからインデックスに送信しても、インデックスに送信するだけであって、必ずしもすべてが全てがインデックスされる保証はないです。

 

あくまで”リクエスト”であり、インデックスされるかどうかは、Googleの判断になります。

 

大量なURLをインデックスに送信しても、問題ありません。ただし、送信するURLの中身が検索者にとって、価値のあるものか、有益なものかを判断し、送信されることを推奨いたします。価値のない質の低いものをいくら送信しても、それはただのゴミでしかありません。

 

価値のない質の低いものを送信し、インデックス登録され、その後Googleのガイドラインに違反した場合は、手動による対策が適用されます。これは、Fetch as Google ツールで、大量なURLをインデックスに送信したから、手動による対策が適用されたというよりも、別の問題になります。

 

Q&A

Q.短期間に、大量なURLをインデックスに送信することはできますか?

A.はい、送信することはできます。ただし、月間での送信できるURL数に限りがあります。

 





Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)