”ゴミ”なコンテンツを深く掘り下げてみる。


”ゴミ”なコンテンツについて考えていきます。

検索エンジンの検索結果内では、価値のあるコンテンツを制作することが、検索エンジンにも検索者にもやさしいです。制作できるにこしたことはありません。

一方で、ウェブサイト内で、ゴミなコンテンツをいくら作っても、検索エンジンにとっても、検索者にとっても”ゴミ”です。

人は”ゴミ”って言いますが、

一般的な「ごみ」(廃棄物)は、濁水の泥、水底に溜まった泥、または利用価値がなくなり役に立たなくなったものをいう

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%94%E3%81%BF

ゴミの意味を調べてみると上記になります。利用価値がなくなったというのは、利用価値がないのか、あるのか区分するのでしょうか。

・大阪市市民の方へ 品目別収集区分一覧表(50音順)

http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000201907.html

大阪市役所のサイトを見てみると、市役所の区分により、ゴミが詳しく分類されています。自分自身以外の誰かが、ゴミというものを区別してくれる場合もあります。世の中のルールや法律など。

検索エンジンの中にもガイドライン(指標 · ルール)は存在します。

当然、社会の中では他者と関わりあって生きていかないといけないわけで、従わないといけないです。

貴方自身が”ゴミ”と決める場合もあります。それは、生まれてから現在まで他者(家族など)から”ゴミ”というものの存在を植え付けられているからです。ゴミというものはどういうもので、捨てる・捨てない。

「オギャー」と生まれてすぐに、「あれはゴミなんです」という人はいないです。

ゴミ

 

このように考えていくと、ゴミというのは、物質です。感覚で存在が認められないものを、物質とは言いませんし、ゴミとは言わないと思います。

※もちろん、検索エンジン内にガイドラインやそれぞれ人には基準というものがあるので、それを基準にすると、区分はされます。

人は考える生き物です。(考える人:http://goo.gl/e8boiF)。一般家庭から、毎日捨てられるゴミをどうにか再利用できないかと考えます。

横に伸ばしたり、縦に伸ばしたりなど。ゴミは溜まると、物質ですので、かさみます。増えて悪影響になる恐れがあります。

増えるということは、ゴミな以上、物質を消さなければ、増える一方です。大変困ります。対処するためには、燃やそうとします。または、どこかに深く埋めるかです。

ゴミを埋めようと、日本の海などに、深く掘り下げていくと、埋立地(廃棄物などを積み上げたことにより、人工的に造られた土地)ができます。

この埋立地は、日本の狭い領土を広げてくれる、住む場所を提供してくれるため、”価値”があります。

つまり、考えを深く掘り下げていくと、価値あるものが出来上がります。今回の場合は、ゴミの処分に困り、何か再利用できないかと深く掘り下げた結果、埋立地というものができます。

どちらも、深く掘り下げるということが大事なようです。お後がよろしいようで、今回の新しい発見とさせて頂きます。

何かの参考やヒントになれば、幸いです。

 





Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)